えらいてんちょう氏による脱社畜サロン批判は私がやったことに似ている  

 本日はビ・ハイア事件の初公判がある。その後記者会見も予定されていて、じきに報道されるだろう。それをきっかけにしてこのブログを見に来る人もいるかもしれないので、簡単に自己紹介をしておきたい。

 いま、えらいてんちょう氏がイケハヤらの脱社畜サロンを批判して炎上している。サロンメンバーからの内部告発などもあり、かなり実態が露呈してきた。
 私がやってきたこともえらいてんちょう氏と同じようなことだ。批判対象は清水有高とその界隈だった。自己啓発ビジネスという構造も同じだし、コミュニティのカルト臭もそっくりだ。批判の急先鋒となったえらいてんちょう氏のもとにさまざまな実証的なデータが寄せられている図式も私の場合と同じだ。
 批判を受けた脱社畜サロンの正田氏はそれを誹謗中傷と決めつけて法的措置を取ると威圧している。これも典型的なパターンだ。イケハヤも論理不明の擁護をしており、内部の批判者をサロンから放逐してブロックした。そしてサロン内部は誰も批判を口をする者はいなくなった……。

 それにしてもえらいてんちょう氏は落ち着いている。普段から危険な新興カルト宗教をネタにしているだけあって、どこまでの批判なら法的に大丈夫かを熟知している。だから威圧されても平然としている。批判されたほうのイケハヤは眠れなかったらしいが。

 一月万冊コミュニティはすでに活動停止状態だが、脱社畜サロンのようなものだったと思ってもらえばいい。いろいろな面で非常によく似ている。

カテゴリ: 一月万冊 清水有高批判

tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

ブログパーツ