右巻きYouTuberが流行語の選考をくさす  

このチャンネルでも「ご飯論法」が流行語に選ばれたことに対してコメントしている。左巻きの選考委員がいるのだそうだ。



前回紹介した上西の動画の中で彼女は「流行語大賞に選ばれた」ことを強調していたが、それも左翼同士のマッチポンプだと見なすことができる。左寄りのメディアでは「ご飯論法」というワードを積極的に取り上げているが、だからといって本当に流行っているかというと、決してそんなことはないだろう。

ところで上記のKAZUYA氏は時事解説のYouTuberだが、こちらは右巻きだ。学歴もない人のニュース解説チャンネルに登録者数が50万人越えとは何事かと思ったら、そういう理由があるらしい。とにかくネットの言論コンテンツで人気があるのは右翼系のものばかり。みんな個人としてのアイデンティティ―を見失い、日本国という「大きなもの」に自分を同一化したい欲望を抱いているらしい。やれやれだ。

不誠実な答弁に対してご飯論法と言ったり東大話法と言ったりするのは構わないが、なぜかいつも決まって極左の論客が政権批判をするために考案し、それを左寄りのメディアが報じるという形になっている。そういう外形的な批判に果たしてどれほど意味があるのかと疑問に思う。政権側の人間に「不誠実だ」と批判したところで、果たしてそれがどれほどの効果をもつのか。不誠実なのは承知の上で戦略的にやっているのだろうから、何ら心理的打撃を与えうる批判ではないような気がする。もし政権が交代したら自民党議員のほうがまったく同様の批判を与党議員に向けるかもしれない。

問題は、不誠実な答弁をしたほうが実利があるという国会の議論のあり方だ。いや、国会内だけで自浄作用を期待するわけにはいかない。世間がそれを許さないということを見せる必要がある。現在、市民たちも党派性を帯びており、安倍政権支持者はどんなことがあっても安倍を擁護するし、反安倍の人は安倍のすること為すことすべてが許せない。そのように分裂しているので言論が機能しない。政権は野党議員からの批判に正面から答えることよりも、与党支持者たちの目をくらませればいいと考えている。だからポジショントークから一歩も出ない。

そのような問題として考えていかなければダメだろうと思う。

カテゴリ: インターネット

tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

ブログパーツ