プラトンの政治思想  

哲学を勉強すると、いつも古代ギリシャにまで遡った話を読まされる。そんな昔の話は面倒くさいからいいよと思っていたが、最近はギリシャ哲学から大いに学ぶところがあると思うようになった。以下は宇野重規『西洋政治思想史』よりプラトンの解説を見ていく。

ソクラテスが民衆裁判にかけられて死刑になったことに衝撃を受けたプラトンは、公共を担うべき市民とそれに値しない市民を分別した。自らの欲望をコントロールできず快楽を追求する大多数の人々には公共を担う資格がない。彼らは経済活動に専念すべきとされる。その上位に守護者層がある。守護者層の中にも2層あり、補助者層としての軍人と真の守護者層としての政治家がいる。このようにプラトンは明確にエリート主義を唱えた。

この説得力は現代でも否定できない。誰でも彼でも一人一票の選挙権を与えるという制度で本当に良いのか。少し話をすれば公共という感覚がまったく欠落している人たちはすぐに分かる。何らかのスクリーニングが必要なのではないか。東浩紀の『一般意思2.0』にもエリート主義が見られる。政治の現場ではインテリによる熟議を行なうが、大衆はそれを中継で視聴しながらコメントをする。インテリはコメントをちら見しながら熟議を進める。インテリと大衆には権限上の大きな格差を与えている。この程度の塩梅でいいのではないかという提案だった。

鈴木健『なめらかな社会とのその敵』も、情報技術による民主主義のアップデートというモチーフだった。選挙権の一部を信頼できる人に委任できるシステムを考案していた。面白いシステムだと思ったが、デマゴーゴス(扇動者)に票が集まってしまう懸念が強いので、ポピュリズムの罠からは抜け出せないかもしれない。

リベラルが権利の拡大を推し進めてきたが、残念なことに大衆は権利に見合う能力を身につけられないことが分かってきたのが21世紀の世界なのではないか。貴族院のようなものを復活させるとか、なんとかして民主主義の機能不全に対処しなければならないと思う。

カテゴリ: 思想

tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

ブログパーツ